ハクビシン忌避剤はウルフピー

ハクビシンとは白鼻芯と書き、鼻から頬、耳元にかけて白いラインが入っているのが特徴です。


日本に生息する唯一のジャコウネコ科の動物で、東南アジアから中国にかけて主に生息しています。

ハクビシン忌避剤のことならこちらのサイトにお任せください。

日本では在来種か外来種か結論が別れるところですが、一応鳥獣保護法の対象となっています。
その為、勝手に捕獲や殺処分すると法に触れる可能性もありますので注意が必要です。


夜行性で春から秋に出産し、肛門付近に発達した臭腺があり、雑食性ですが、特に糖度の高い果物などを好んで食べるため、農作物を荒らされてしまう被害も増えてきています。そのためハクビシン忌避剤としてウルフピーが重宝されます。

オオカミの尿のことです。


ハクビシンは運動能力が非常に高いため、フェンスだけでは農作物を守り切れないので電気柵などとの併用が必要ですが、年配の方や女性には負担が大きすぎます。



ハクビシン忌避剤としてウルフピーを使用するのはとても簡単です。
入れ物に、液体を入れ、間隔をあけて樹や柱にぶら下げておくだけで、農作物を守ったり、野生動物との住み分けも可能です。

少なくなったり雨の後には追加しておくだけで大丈夫です。

他のハクビシン忌避剤は慣れてしまう可能性も否定できませんが、ウルフピーの場合、天敵と本能が察知します。
哺乳類の天敵に対してとる行動は、脳内の神経回路によって行われているため本能的に慣れるという事がないのです。


効果があるのは天然100パーセントのものですので、薄めず記載されている注意書きの通りに使用しましょう。
ハクビシンの他に、クマ、シカ、イノシシ、きつね、たぬき、野犬、などにも効果があります。



top