ハクビシン忌避剤の効果

ハクビシンは、本来東南アジアを中心に生息していた外来種ですが、江戸時代に海外から持ち込まれ、毛皮用に飼育されていたという事実もあります。

あなたに合った条件でハクビシン忌避剤が勢いに乗っています。

現在では日本全国に分布し、人家の屋根裏などに住み着いたり、都会でも糞尿被害が問題となっています。


また、農作物への被害もあるため、さまざまなハクビシン対策がとられています。
ハクビシン対策としては、捕獲器を設置して捕獲する方法や、ハクビシン忌避剤を使用する方法、フェンスを設置する方法などいくつかの方法がありますが、中でもハクビシン忌避剤は効果的です。


ハクビシンは、鳥獣保護法によって捕獲や駆除が規制されていますから、個人で勝手に駆除や捕獲を行うことができません。



ハクビシン忌避剤であれば、寄せ付けなくさせることができますし、手軽に使うことができますからおすすめです。


野生動物であるハクビシンは、もともとは野山に住む動物ですが、自然環境の変化などによって、近年では都市部でも目的・捕獲されるようになりました。

屋根裏に住み着いてしまうと、断熱材が食い破られてしまったり、糞尿による悪臭などで悩まされることになります。


糞尿のにおいは強烈で、ひどい場合は天井板が腐ってしまったり、重さで抜け落ちる可能性もありますから、できるだけ早く対策をとることが大切です。個人で駆除が難しいと思った場合には、専門の駆除業者に依頼するとよいでしょう。

その際は、きちんと侵入経路を事前に調べ、最後に塞いでくれる業者を選ぶようにしましょう。



top