ハクビシン忌避剤の効果

ハクビシンは、もともと東南アジアに生息する動物のため、外来種ですが、現在では数も増えさまざまな被害をもたらす害獣となっています。

ハクビシン忌避剤関する便利な情報が満載です。

ハクビシンは植物中心の雑食性で、穀物や野菜、木の実などを食べていますが、それ以外にもネズミやカエル、小鳥などいろいろな小動物も餌にします。


夜行性のため、昼間は民家の天井裏や軒下に潜んでいますが、夜中に走り回って騒音で眠れなかったり、糞尿による悪臭などの被害に悩まされることも少なくありません。

追いつめられると反撃してきますから、できるだけ早く退治する必要があります。



ハクビシン退治には、ハクビシン忌避剤やフェンスをはって侵入を防ぐといったことが必要となります。家のなかにハクビシンがいることがわかっている場合は、ハクビシン忌避剤をつかって追い出したり、燻製剤をつかって追い出した後、侵入口をきちんと塞ぐ作業を行うことが大切です。
ただ、ハクビシン忌避剤が屋根裏の奥まで届かなかったり、より家の奥にまで追いやってしまう可能性もありますから、できれば専門の駆除業者に依頼した方がよいでしょう。

自分でハクビシンを捕獲するという方法もありますが、鳥獣保護法によって駆除や殺処分が禁止されていますから、勝手に捕獲したりしないで、あらかじめ自治体の許可を受けるようにしましょう。


どうしても自分で退治することができないと思った時には、迷わずに駆除業者に依頼すると安心です。



その際は、いくつかの業者に見積もりをとるとよいでしょう。

top